運動時にズキズキとした痛みが。。シンクプリントとは?

こんばんは!

Lea整骨院です✨

運動していて脛の内が痛い事あったら、
それシンスプリントかも!

◼️シンスプリントってなに?

シンスプリントは、すねの骨の周りにある骨膜が
炎症を起こすスポーツ障害です。
脛骨過労性骨膜炎とも呼ばれます。
運動時や運動後にすね内側の中央から下方1/3にかけて、
ズキズキとした痛みが生じます。

◼️シンスプリントの原因

1番の原因は走る、跳ぶなどの「運動」であり、
使いすぎによって症状が出現します。
陸上競技や野球、サッカー、バレーボール、
バスケットボールなどの競技で見られます。


足のつま先を上げるときに使う筋肉を過度に使うことで、筋肉に付着する骨膜(骨を覆う膜)に炎症を生じて発症します。


硬い地面で繰り返しランニングしたり、
シーズンの始めなどでハードなトレーニングを
急激に開始したりしたときなどに発症する場合もあり、
ランナーに多くみられます。


また、足に合わない靴、クッション性のない靴、
筋力不足、筋肉の柔軟性不足も原因の一つです。

◼️シンスプリントの症状

すねの内側に縦長に広い範囲での鈍い痛みが特徴となります。
走ったりジャンプしたりと、動いた時に痛みがでます。


・スネの内側がズキズキと痛む。


・安静にすると痛みは楽になるけれど運動すると
 また痛みがでる。


・スネの内側を押すと痛む。

初期の段階では、
運動後に“ジーンとする鈍痛”を感じるだけですが、
次第に運動中も痛みを感じるようになります。


さらに進行すると、
安静にしているときにも痛むようになり、次第に歩行困難となります。


スポーツだけでなく日常生活に
支障を来さないようにするためにも、
症状が軽いうちに適切な処置を受けることが大切です。

◼️シンスプリントの予防

下肢の柔軟性の改善や筋力強化に努めましょう。
特にふくらはぎや足裏の柔軟性がなくなると
シンスプリントの発症に影響します。


また、筋力の左右差やバランスなど、
体の軸が安定した状態を作ることが
局所への負担を減らすことにつながります。


症状が長引かないために、痛くなったら無理して競技を続けるのではなく、
しっかり安静期間を設けることも重要です。

○足のうらのマッサージ
足のうらでテニスボールを踏み転がしてマッサージします。
親指の先からかかとまで、
足指の骨に沿うようにボールを転がして往復させる。
ボールがかかとにきたときは、足指を伸ばして床につける。

○足指のトレーニング
タオルギャザーという方法で
足の指でタオルを握るように手前に引き寄せます。
1.床にタオルを広げる


2.タオルの上に両足を乗せる


3.足の指を曲げてタオルをたぐりよせる

症状が改善されない方は最寄りの整骨院までご相談してみてください!

関連記事

  1. 骨盤矯正ってなに?

  2. 秋もバテる!?秋バテの原因と対策!

  3. 指が伸びにくい、もしかしてばね指かも!?

  4. 寒暖差が原因かも?身体のSOSチェック!

  5. あなたは大丈夫?生活習慣を見直す為の方法!

  6. 気付かないうちにになってるかも?夏バテの原因と予防!