冷房の冷えによる症状と対策!

こんにちはLea整骨院です!

気温が高くなってきましたね。。

夏はとにかく暑いため、
冷房の効いた部屋で過ごすことも多くなります。
しかし、あまり身体を冷やしすぎると体調を崩したり、
身体に異常が出てしまうこともあります。
特に、オフィスなどの公共施設では、
温度調節ができないので注意が必要です。

□冷房の冷えによる症状


冷房で身体が冷えてしまうと
さまざまな症状が出てきてしまいます。

1.風邪に似た症状
冷房をかけすぎると室内の空気が乾くので
粘膜が乾燥しやすく、
鼻水・せきなど風邪に似た症状が出ることがあります。
冷房によって乾いた粘膜にはウイルスなどが
付着しやすいので、
夏風邪を引いてしまうケースもあります。

2.血行不良
オフィスでは同じ姿勢をとり続けるデスクワークが
多いこともあり、血行不良になりやすい環境があります。そこに、冷房による冷えが加わると、
血行がどんどん悪くなってしまいます。
血行不良になると血管や筋肉がかたくなるため、
肩こりや頭痛、腰痛など、さまざまな症状が出てきます。

3.全身の不調
身体のだるさがいつまでも抜けない、疲れやすくなる、
夜よく眠れないという症状が見られます。
内臓が冷えることで、消化不良や下痢、
便秘などの胃腸症状が強く出る人もいるようです。

□冷房の冷えによる対策

1.冷房の設定温度は25~28℃を目安に
室内と室外の温度差を5℃以内にキープし、
自律神経が正常に機能する環境を
整えることがポイントです。
冷房の設定温度の目安は25~28℃です。
一日中冷房の効いた環境にいると、
寒さに対する感覚が鈍くなる恐れがあります。
必要以上に身体を冷やすことにもなりかねませんので、
朝晩の涼しい時間は扇風機に切り換えるなどの
工夫も必要です。

  1. 寒いオフィスでは、羽織りものなどで自衛する
    自宅と違ってオフィスやレストラン、交通機関などでは、
    自分で冷房の温度調節をすることができません。
    そんな時はカーディガンやスカーフ、ひざ掛け、
    厚手の靴下などで冷えから体を守りましょう。
    肌の露出が多い服はもちろん、
    身体を締め付ける服や下着も血行を妨げ、
    冷えを助長する原因になりますので、
    避けるのが無難です。
  2. シャワーで済ませず、湯船につかる
    夏もシャワーではなく、
    ぬるめのお湯にゆっくりつかる習慣を身につけましょう。自律神経の乱れは、
    ストレスによっても引き起こされます。
    入浴には身体を芯から温め、全身の血行を促すだけでなく、
    リラックス効果もあります。
    身体の冷えとストレスの解消という2つの意味で、
    非常に効果的な冷房病対策だと言えるでしょう。
    半身浴や足湯もお勧めです。
  3. 食事は体を冷やさないものを
    冷え性を予防するには、
    「身体の中心部を冷やさないこと」が大切です。
    食べ物や飲み物は、重要な意味をもっています。
  4. 夏には冷やし中華やそうめんといった、
    冷たいものを食べたくなります。
    ところがほとんどの場所では冷房がきいていて、
    冷たいものを食べると身体を内外から
    急速に冷やすことになります。
    冷房のきいた場所では、少し汗ばむくらいの温かい
    食べ物をとるようにしましょう(飲み物も同様です)。
  5. 身体を温める食べ物を「温性食物」といいますが、
    その代表がショウガ、ネギ、ニンニク、タマネギ、
    カボチャ、チーズなどです。
    トウガラシやコショウなどの香辛料にも、
    同じ効果があります。
  6. 食欲があまりない場合、
    冷たいものを食べると胃腸を冷やし、
    かえって体調をくずしかねません。
    また、食事を抜くとカロリー不足から
    身体が冷えやすくなり、
    さらにビタミン不足からだるさや
    疲れが助長されてしまいます。
  7. 温性食物の入った温かい食べ物を、
    少量でもいいのでとるようにしましょう。
  8. 適度に運動する
    冷えにくい作りをするためには、
    日頃から適度な運動を心がけることも重要です。
    運動するとストレス解消にもなりますし、
    入眠しやすくなるので、
    自律神経を整えるためにもおすすめです。
    ウォーキングやストレッチを毎日続けると、
    脚の筋肉が強化されて血行がよくなるので
    身体が冷えにくくなり、体温調節もしやすくなります。
    また、足先は心臓から遠いことがあり、
    血流が悪くなりやすい部位です。
    冷房の冷気は床付近に溜まりやすいため、
    足先を冷やさない対策が必要でしょう。
    デスクワークの方は仕事の合間に1時間に1度は
    席を立って少し歩いたり、
    軽く屈伸したりするのもよいでしょう。
    座っているときでも、
    時折つま先やかかとを上下に動かせば、
    血流がよい状態をキープしやすくなります。

夏対策を徹底的に行い、身体を大事にして下さい。!

関連記事

  1. 梅雨の季節到来!あなたは梅雨だる大丈夫?

  2. 慢性頭痛は身体のSOSかも??

  3. 疲労を感じてる人は6割!?原因と改善方法を徹底解説!

  4. あなたは大丈夫?生活習慣を見直す為の方法!

  5. 睡眠不足は太る原因?!ダイエットの失敗例が意外なところに。。…

  6. 足を組むと楽になる?